2015年07月21日

韓国ドラマ-一理ある愛-あらすじ-1話-2話-ネタバレ-相関図-キャスト-日本語字幕-datv-動画

一理ある愛.jpg


こんにちは!

韓国ドラマ好きなピョルです☆

韓国ドラマ「一理ある愛」のあらすじ
1話〜2話
をご紹介します!


禁断の三角関係が始まる。。

結婚7年目の夫婦の、チャン・ヒテと妻・キム・イルリ。

ヒテとイルリは、高校生の頃からの出会いで、
偶然の再会が多く、初めは何も感じなかった二人が、
毎日顔を合わせていくうちに、惹かれあっていってしまう。

その後、ヒテがアメリカにいく予定になり、離れ離れになってしまうが、
7年後に運命の再会。

ヒテとイルリはついに結婚をし、平凡な幸せを送っていたはずだったが。。

ヒテの妻・イルリは仕事で青年・キム・ジュンに出会い、
徐々にジュンに惹かれていき、ついには不倫関係になる!!

その現場を目撃してしまったヒテは。。

最初は何の感情もなく
命を絶対にあきらめない。。

主人公・ヒテの役は、「善徳女王」や「魔王」など、
色々なドラマや映画を手がけているベテラン俳優・オム・テウンが、
ヒテの妻・イルリには、「韓国版・花より男子」や「いたずらなkiss」に出演の
イ・シヨン

さらには、三角関係になってしまう青年・キム・ジュンの役は、
「根の深い木」などで今注目されているイ・スヒョク
が演じ、
豪華俳優出演ドラマ!

視聴率は、1%と少し低めだが、愛に関して考えさせられるドラマ!

「一理ある愛」という題名を、
「一理ある恋」や「一理の愛」「一理の恋」と勘違いする人もおおいよう。

「一理ある愛」の禁断の三角関係の愛の結末はいかに!?




全20話一理ある愛の禁断の三角関係
余すことなくご紹介します!


相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?


ピョルの感想や評価も
最終回
までお伝えします^^


[スポンサードリンク]








第1話


水産研究所の研究員・ヒテは、誰にも内緒で秘密の手術を泌尿器科で受ける。

ヒテは、そこで一風変わった女子高生・イルリと出会い、
大恥をかいてしまう。

しかし、これはヒテの悪夢の始まりに過ぎなかった。

ヒテは、臨時生物教師として行った女子高で、
再び女子高生・イルリと出会ってしまう。

彼女の名前はキム・イルリ。

イルリは、UFOに遭遇したいという4次元からやって来たような不思議な子だった。



第2話


女子高生・イルリは、臨時教師・ヒテに不意打ちのキスをして、
それからというものイルリはヒテに、より積極的に迫るようになる。

臨時教師・ヒテは、自分と女子高生・イルリは師弟関係にあるんだと
自分自身に言い聞かせながら、イルリを跳ね除けようと頑張ってみるが、
彼女に押されて、いつの間にかイルリを意識している自分に気がつく。

一方、臨時教師・ヒテの家には、アメリカからの郵便物が1通届く。

[スポンサードリンク]





ピョルの感想



初回から大きな展開ですね!

一理ある愛というのは、女子高生と教師の関係から始まっていたんですね!

でも、女子高生でありながら、教師・ヒテに迫るイルリは積極的すぎて怖いですね!

でも、羨ましい。。w

男子教師であるヒテは、このままイルリに押されてしまうのでしょうか??


次回もお楽しみに☆

[スポンサードリンク]





韓国ドラマ-一理ある愛-あらすじ-3話〜4話はこちら

韓国ドラマ-一理ある愛-キャストはこちら

韓国ドラマ-一理ある愛-相関図はこちら

韓国ドラマ-一理ある愛-あらすじはこちら



他の韓国ドラマのあらすじはこちら↓↓
オフィスの女王

純情(スンジョン)に惚れる

運命のように君を愛してる

その女が恐ろしい

馬医

プロデューサー

カッコウの巣

Mr.back(ミスターバック)

星から来たあなた

スキャンダル

みんなキムチ

約束のない恋

私だけのあなた

秘密

大切に育てた娘ハナ

帝王の娘 スベクヒャン

ミスコリア

誘惑

火の女神ジョンイ

貴婦人

天使の罠

黒の旋律

おバカちゃん注意報

百年の花嫁

棘(とげ)のある花

天命

宮(クン)

太陽の花嫁

オーロラ姫

大望(テマン)

女の香り

密会

君を守る恋〜Who Are You〜あらすじ

二人の女の部屋

インス大妃(テビ)

輝いてスングム

愛してたみたい

光と影


posted by ピョル at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一理ある愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック