2015年05月18日

私だけのあなた-韓国ドラマ-あらすじ-58話-59話-60話-ネタバレ-相関図・動画・感想・視聴率・キャスト・最終回までtvk

私だけのあなた.png


こんにちは!

韓国ドラマ好きなピョルです☆

韓国ドラマ「私だけのあなた」のあらすじ58話〜60話
をご紹介します!


夫を亡くして、靴磨きをしながら3人の子供を育てたウンシム

幸せな結婚生活を送っているように見える長女・ウンジョンだったが、
夫の弁護士・ソンジェやソンジェの母に見下され、婚姻届も提出していない事が発覚。

しかも財閥の令嬢と結婚するために、ソンジェに裏切られてしまう。

そんな時、5年ぶりに元恋人と再会したウンジョンは・・・

不倫、隠ぺい、裏切りを繰り返し、
卑劣な夫に復讐を果たすために、逆境から這い上がって行く
愛憎復讐劇の最高傑作!


私のあなたの最終回視聴率は15%越え!


果たして、悪役で卑劣な夫・ソンジェを「太陽を抱く月」で人気だったソン・ジェヒが出演!

ウンジョンはソンジェに復讐する事ができるのか??

そして、ウンジョンの恋の行方は?

全121話ドロドロな愛憎ドラマ!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?


ピョルの感想評価や、
友達のオカマちゃんの感想最終回までお伝えします^^


[スポンサードリンク]








第58話




BJファッション御曹司・ジュンハは、ウンジョンの元夫・ソンジェに、
ジュンハの兄・ジュニョクの携帯電話を探して犯人が明らかになれば、
無条件に最高刑を受ける事になるだろうと言い、それを聞いたソンジェは不安になる。

一方ウンジョンの母・スンシムは、ソンジェの母・グァンジャの前で、
グァンジャとソンジェにされた事をユラの母・ヨンスクに話すが・・・



第59話




ソンジェの妻・ユラはソンジェに、ウンジョンがなぜジュンハの兄・ジュニョクの事故を問いただして、
ソンジェがなぜ事故が起きた時の事を話すのかを聞くが、
ソンジェはウンジョンの小細工なやり方を信用してはいけないとごまかす。

一方、BJ会社の警備職員で就職したウンジョンの弟・ウンサンは、
ソンジェの妹・ソナとことごとくぶつかってケンカする。

[スポンサードリンク]





第60話




ユラは、ソンジェが付き合っていた女に会って直接話をしたいから、
連絡してとソンジェに言う。

しかしソンジェは大丈夫だからと言って、結局またユラの言葉をあやふやにする。

一方ソンジェは、BJ会社ロビーで警備員として働いているウンサンに会うが・・・



ピョルの感想

ソンジェは色んな言いくるめ方を知ってますね〜

でも、そろそろボロが出てもおかしくない状況な気もしますね〜

ユラは早く、自分の兄を突き落としたのがソンジェだということを分かって欲しいですね!

これから徐々にソンジェが追いつめられて欲しいですね!

オカマちゃん
「ユラの気持ちも分かるわ〜
こんなオトコでも、好きだからしょうがないのよね〜
アタシの周りにはこんなオトコばっかだわ〜」

オカマちゃんならひっかかりそうですね^^;

次回もお楽しみに☆

[スポンサードリンク]





韓国ドラマ-私だけのあなた-あらすじ-61話〜63話はこちら

韓国ドラマ-私だけのあなた-キャストはこちら

韓国ドラマ-私だけのあなた-相関図はこちら

韓国ドラマ-私だけのあなた-あらすじはこちら



他のドラマのあらすじ一覧はこちら
↓↓
恋愛の発見

オフィスの女王

純情(スンジョン)に惚れる

運命のように君を愛してる

その女が恐ろしい

一理ある愛

馬医

プロデューサー

カッコウの巣

Mr.back(ミスターバック)

星から来たあなた

スキャンダル

約束のない恋

私だけのあなた

秘密

大切に育てた娘ハナ

帝王の娘 スベクヒャン

ミスコリア

誘惑

火の女神ジョンイ

貴婦人

天使の罠

黒の旋律

おバカちゃん注意報

百年の花嫁

棘(とげ)のある花

天命

宮(クン)

太陽の花嫁

オーロラ姫

大望(テマン)

女の香り

密会

君を守る恋〜Who Are You〜あらすじ

二人の女の部屋

インス大妃(テビ)

輝いてスングム

愛してたみたい

光と影



posted by ピョル at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私だけのあなた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。