2015年03月05日

韓国ドラマ-スベクヒャン-あらすじ-106話-107話-ネタバレ・感想・視聴率・キャストも!bs朝日、動画も

スベクヒャン.jpg

こんにちは!

韓国ドラマ好きなピョルです☆

韓国ドラマ「帝王の娘 スベクヒャン」のあらすじ106話〜107話
をご紹介します!

「トンイ」「奇皇后」「善徳女王」に続く、豪華なロマンス時代劇!

素朴で明るく家族思いの姉・ソルラン

月よりも美しい美貌を持つ妹・ソルヒ

貧しくも幸せに暮らしていた姉妹だったが、
実は姉はムリョンの隠し子・帝王の娘 スベクヒャンだった!

ムリョンは、他にも自分の子供と入れ替えるという隠された過去もあった!

妹・ソルヒは、自分が姉・ソルランと偽って、
ムリョンの所に訪れる・・・

帝王の娘である「スベクヒャン」の座を巡って、
異父姉妹の運命が交錯する時代劇ドラマ!

果たして、スベクヒャンの座は誰の手に?

そして、王は誰の手に??

韓国での最高視聴率11%

「ファン・ジニ」「馬医」など時代劇でも多く活躍するソ・ヒョンジン
ハ・ジウォンの弟で「成均館スキャンダル」にも出演したイケメン俳優のチョン・テスや、
商道(サンド)」「不滅の李舜臣」など数々のヒット作に出演してきたイ・ジェリョンなど、
豪華役者が勢揃い!

全108話激動の時代を描く緊張感あふれるストーリー展開の一方で、愛らしく・切ないラブストーリー!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?


ピョルの感想評価や、
友達のオカマちゃんの感想最終回まで付け加えていきます^^


[スポンサードリンク]





▼【予告】帝王の娘 スベクヒャン動画


第106話




姉・ソルランに飲ませてようとしていた毒を飲んで倒れたソルヒ。

なんとか一命は取り留めたものの、深い眠りから覚めるとそれまでの記憶をすべて失っていた。

一方真の王女・スベクヒャンのソルランは、武寧(ムリョン)王から実の娘として迎えられる。

武寧(ムリョン)王の息子・ミョンノンと最後の夜を過ごしたソルランは翌朝、
チェファの思い出が残る加林(カリム)の地を、武寧(ムリョン)王と共に訪れる。



第107話




王女スベクヒャン・ソルランはソルヒと一緒に王宮を出て行こうとする。

一方、武寧(ムリョン)王は、病状が悪化し、ミョンノンを呼んで王座に座らせた直後に倒れて、
危篤と聞いて駆けつけたチンムに抱かれながら息を引き取る。

ミョンノンは新王に即位し、ソルランはソルヒやピムンの元一員・トルデたちと遠く離れた地で新たな暮らしを始める。


[スポンサードリンク]





ピョルの感想

武寧(ムリョン)王は、病状が良くなかったんですね。。

でも、武寧(ムリョン)王が生きている間に王女・スベクヒャンがソルランである事が分かってよかったですね。

ソルヒは結局自分の記憶を全て失くしてしまうという、ちょっと可愛そうだけどしょうがない結末のような気がしますね〜。

その方がソルヒもラクな気持ちになれるでしょうね。

さて、王位になったミョンノンや、ソルラン達は王宮から離れて暮らす事になってしまいましたが、
これから最終回は、どんな結末が待っているのでしょうか?

もしかしたらソルランは、王女・スベクヒャンに返り咲くのでしょうか?


オカマちゃん
「王女・スベクヒャンにアタシはなれないかしら?
そしたら毎日オトコと・・・」

やめてください^^;

最終回もお楽しみに☆

[スポンサードリンク]





韓国ドラマ-帝王の娘 スベクヒャン-あらすじ-108話・最終回はこちら

韓国ドラマ-帝王の娘 スベクヒャン-キャストはこちら

韓国ドラマ-帝王の娘 スベクヒャン-相関図はこちら

韓国ドラマ-帝王の娘 スベクヒャン-あらすじはこちら


他のドラマのあらすじ一覧はこちら
↓↓
恋愛の発見

オフィスの女王

純情(スンジョン)に惚れる

運命のように君を愛してる

その女が恐ろしい

一理ある愛

馬医

プロデューサー

カッコウの巣

Mr.back(ミスターバック)

星から来たあなた

スキャンダル

約束のない恋

私だけのあなた

秘密

大切に育てた娘ハナ

帝王の娘 スベクヒャン

ミスコリア

誘惑

火の女神ジョンイ

貴婦人

天使の罠

黒の旋律

おバカちゃん注意報

百年の花嫁

棘(とげ)のある花

天命

宮(クン)

太陽の花嫁

オーロラ姫

大望(テマン)

女の香り

密会

君を守る恋〜Who Are You〜あらすじ

二人の女の部屋

インス大妃(テビ)

輝いてスングム

愛してたみたい

光と影



posted by ピョル at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 帝王の娘スベクヒャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック