2014年11月26日

韓国ドラマ-棘(とげ)のある花-あらすじ-58話~60話-ネタバレ-相関図・キャスト・視聴率・最終回まで感想・テレビ大阪

棘のある花.jpg

こんにちは!

韓国ドラマ好きなピョルです☆

韓国で大きな話題となった「棘(とげ)のある花」のあらすじ
58話〜60話
をご紹介します!

貧しいながらも、一生懸命働いて家族を養っていたヒロイン・ヨンス

ある日、恋人のジョンヒョンからプロポーズされ、大きな幸せの中に!

しかし、ジョンヒョンは大手ファッション社会長の義理の息子で、
将来性が高いために、ジョンヒョンの母親から結婚を反対される。

そんな中、ヨンスの幼なじみ・シニは、ヨンスのデザインを盗もうと部屋に忍び込んだが、
ヨンスの母親に見つかって争いになり、運悪く母親が亡くなってしまう!

ヨンスに衝撃が走る中、ヨンスが犯人に仕立て上げられ、シニの陰謀によって、
何もかも失ってしまう!!

そんなヨンスは、真実を知り、復讐を心から誓うのであった。。

韓国のドラマ「福寿草」「愛してたみたい」に続く愛憎ドロドロ復讐ドラマ!

視聴率も毎回高視聴率を叩き出す、韓国話題ドラマ!

全130話ドロドロ愛憎ドラマをお送りします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?


ピョルの感想評価や、
友達のオカマちゃんの感想最終回まで付け加えていきます^^


[スポンサードリンク]





第58話




ヨンスの弟・ジュニョンは、シニの部屋に訪ねて行き、
ヨンスに罪をなすりつけたのではないかと勘ぐるようになる。

ジュニョンは、部屋に忍び込んでいる所を借金取り・チョルジンに見つかる。

一方ヨンスは、ヨンスの子供・ウンソンが、ストレスが激しくて心理状態が不安定だという話を聞き、
悲嘆に暮れるが・・・



第59話




ヨンスは、シニが自分の事件を担当した判事を
こっそりと裏調査していることに疑いを持つ。

ジョンヒョンは、どうしてもヨンスの息子・ウンソンを
ヨンスと会うようにしなければいけないと考え、ジョンヒョンの母・クムジャに話す。

ウンソンの事が心配なヨンスは、病院で不安がっていると、
元弁護士・ジュニョンがヨンスをそっと抱きしめ、好きだと言う。

その状況を見たジョンヒョンは、嫉妬で怒る。



第60話




ヨンスを間に置き、ジュウォンとジョンヒョンの二人の喧嘩している
見苦しい姿を目撃したDH会長・ドンフンは火のように怒る。

ジョンヒョンの母・クムジャは、この機会を逃してはならないと
ジュウォンとヨンスの噂が会社内で広がっていると言ってドンフンをそそのかす。

クムジャとシニは協力して、ジュウォンとヨンスを二人でホテルに行くように仕向け、
いかにも何かあったような雰囲気にさせ、部屋から出てくる所をドンフンが目撃するようにする。


[スポンサードリンク]





ピョルの感想

ここでシニとクムジャがまさかの連携プレイに出るとは思いませんでしたね。。

シニにとってはヨンス、クムジャにとってはジョンヒョンを社長の座を狙わすチャンスという、
思ってもみない展開でビックリしました。。

でも、だんだん二人の愛が芽生えてきているように思えますね!

シニが事件の判事を説得に行く前に、早く事件の真相をヨンスが気づいて欲しいものです!

オカマちゃん
「なんだか二人が幸せそうな感じなのに、色々な邪魔が入ってオチオチ恋もしてられない感じだわね〜
でもちょっと嫉妬してるジョンヒョンも可愛く思えたわ!
代わりにアタシでどうかしら??」

いや、全然違うと思います^^;

次回もお楽しみに☆

[スポンサードリンク]





韓国ドラマ-棘(とげ)のある花-あらすじ-61話〜63話はこちら

韓国ドラマ-棘(とげ)のある花-キャストはこちら

韓国ドラマ-棘(とげ)のある花-相関図はこちら

韓国ドラマ-棘(とげ)のある花-あらすじはこちら


他のドラマのあらすじ一覧はこちら
↓↓
恋愛の発見

オフィスの女王

純情(スンジョン)に惚れる

運命のように君を愛してる

その女が恐ろしい

一理ある愛

馬医

プロデューサー

カッコウの巣

Mr.back(ミスターバック)

星から来たあなた

スキャンダル

約束のない恋

私だけのあなた

秘密

大切に育てた娘ハナ

帝王の娘 スベクヒャン

ミスコリア

誘惑

火の女神ジョンイ

貴婦人

天使の罠

黒の旋律

おバカちゃん注意報

百年の花嫁

棘(とげ)のある花

天命

宮(クン)

太陽の花嫁

オーロラ姫

大望(テマン)

女の香り

密会

君を守る恋〜Who Are You〜あらすじ

二人の女の部屋

インス大妃(テビ)

輝いてスングム

愛してたみたい

光と影



posted by ピョル at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 棘(とげ)のある花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。