2014年10月17日

韓国ドラマ-女の香り-あらすじ-ネタバレ-13話〜14話・最終回、相関図・キャスト・視聴率や感想も!bs11

女の香り表紙.png

こんにちは!

韓国ドラマ好きなピョルです☆

BS11放送「女の香り」のあらすじ
13話〜14話
をご紹介します!


「私の名前はキム・サムスン」の主演をしていた、
キム・ソナ主演のロマンティックコメディラブストーリー!

「女の香り」

不器用だけど必死に生きてきた旅行会社のイ・ヨンジェ。

会社のコネで入社し、人生をもてあました御曹司・カン・ジウクに恋したのに、
胆のうがんと言われ、余命はたったの半年宣告。

バケットリストを書いて、自分のやりたい事をやると決めた時、
叶うはずのない恋が実ったが。。

残された人生をどうやって幸せに生きるか??

そして、二人の運命は??

視聴率を常に15%をキープし、最高瞬間視聴率18.8%を叩き出した
韓国でも人気恋愛ドラマ!

全16話という韓国としては短編ドラマを、日本では、全22話で放送!
1話から22話・最終回まであらすじ・感想を書いていきます☆


相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?


ピョルの感想評価や、
友達のオカマちゃんの感想も最終回まで付け加えていきます^^


[スポンサードリンク]





第13話


ツアーの下見でワンドを訪れたジウクとヨンジェは、そこで一晩を過ごすことに。

そして、ヨンジェは自転車で海岸を走るという夢を、ジウクのおかげで叶えることができる。

家に帰ると、セギョンはヨンジェの家の前で待ち伏せをし、
ジウクを誘惑して破談にするのがあなたの言う復讐なのかと問い詰める。

ヨンジェはセギョンに将来起きるかわからないことを心配するよりも、今の自分の気持ちに忠実に生きると話す。

抗がん剤治療を2日延期して体調が悪化したヨンジェは救急車で病院に運ばれ治療を受ける。

ジウクはヨンジェに電話をかけるが、電話に出たのがウンソクだったため不安になる。

ウンソクはヨンジェに自分がガンであることを母親に話したほうがいいと言うが、
ヨンジェはとてもではないが言えないと言う。

ヨンジェと連絡がつかないジウクは、
青白い顔をしたヨンジェのことを思い出し、ヨンジェからの電話を待つ。

放り投げてあった電話を見ていたジウクは、
ヨンジェからの電話が鳴ると、驚いて姿勢を正し電話に出る。

ヨンジェはジウクに渡す物があるといい、会う約束をする。

一方セギョンからヨンジェの話を聞き、怒ったカン会長は、ジウクの自宅を訪ねるが…。



第14話


ヨンジェと連絡が取れなくなったジウクは、へウォンの後をつけて病院に行く。

鎮痛剤が効かなくなったヨンジェはウンソクに病状を尋ね、ガンが悪化していることを知る。

ウンソクは、ヨンジェがガン病棟に入院していることを知り呆然としているジウクに声をかける。

そんな中、ヘウォンからプロポーズされた相手のことで愚痴られ、
将来の夢も抱けない自分には残酷な悩みだと怒るヨンジェ。

一方、ジウクは「映画の主人公のように過ごす」というヨンジェの願いを叶えようと、デートプランを練っていた。






ピョルの感想

せっかく恋愛が進んでいきそうだったのに、ヨンジェとジウクの間には、
現実として捉えないといけない「別れ」が近づいているみたいですね。。

しょうがない事だけど、ジウクは結構辛そうです。。

これから、ジウクはヨンジェを支えてあげる事ができるのでしょうか??

オカマちゃん
「今回はどうしても、あっちの方向にもっていけない話ね。。
こんなに弱ったジウクは見たくないわ!
アタシがそこにいれば慰めてあげれるのに。。」

違う方向に慰めて行きそうでこわいですね^^;

次回もお楽しみに☆

[スポンサードリンク]





韓国ドラマ-女の香り-あらすじ-15話〜16話はこちら

韓国ドラマ-女の香り-キャストはこちら

韓国ドラマ-女の香り-相関図はこちら

韓国ドラマ-女の香り-あらすじはこちら



他のドラマのあらすじ一覧はこちら
↓↓
恋愛の発見

オフィスの女王

純情(スンジョン)に惚れる

運命のように君を愛してる

その女が恐ろしい

一理ある愛

馬医

プロデューサー

カッコウの巣

Mr.back(ミスターバック)

星から来たあなた

スキャンダル

約束のない恋

私だけのあなた

秘密

大切に育てた娘ハナ

帝王の娘 スベクヒャン

ミスコリア

誘惑

火の女神ジョンイ

貴婦人

天使の罠

黒の旋律

おバカちゃん注意報

百年の花嫁

棘(とげ)のある花

天命

宮(クン)

太陽の花嫁

オーロラ姫

大望(テマン)

女の香り

密会

君を守る恋〜Who Are You〜あらすじ

二人の女の部屋

インス大妃(テビ)

輝いてスングム

愛してたみたい

光と影



posted by ピョル at 06:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女の香り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。